<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
社会福祉法人 ひさの里ホームページはこちら
最新エントリー
カテゴリー
月別アーカイブ

13年

台風一過で、(午前中は)気持ちの良い秋晴れの10月1日。
本日、10月1日はふじの木園の開設記念日です。
開設から13年の月日が流れました。
ふじの木園も13歳です。
この13年間、多くの方々にご支援をいただき、決して順風満帆な歩みではありませんでしたが、
事業の目的、意義、意味合いを見失わないよう、地道な歩みを進めて参りました。
地道に歩む中で、良い事もそうでない事も、たくさんありました。
たくさんのことにも挑戦しました。挑戦する中で、上手くいったこと、いかなかったことも
たくさんありました。
全員で喜びを分かち合うこともあれば、悲しみを共有することもありました。
これから先も、決して順風満帆な道程ではないと思います。
これまで以上に苦難な道程が待っているかもしれません。
福祉業界に限らず、どの業界も断絶の時代を迎えようとしています。
ふじの木園が、法人ひさの里が、これからも事業を継続していく上で、
常識だけにとらわれず、過去に縛られず、常に未来型志向でチャレンジできるよう、
これからも一歩一歩、仲間と共に歩んでいきたいと思います。
志半ばで倒れた仲間の為にも歩みを止めることなく、前進していきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

平成30年10月1日
特別養護老人ホームふじの木園
施設長 須藤秀作
2018年10月01日

10月の勉強会

毎月行っている、スタッフ対象の勉強会。

今月は「ノーリフティングケア」のフォローアップとフィードバックを目標とした振り返りの研修となっています。

知識、理論は分かっていても、正しく実践されなければ意味がありません。

スタッフによってスキル、意識に差がある中で、チームとしてのベースアップを図ることが最大の目的です。

「害があると知りながら、害あることを行うのは罪である」

人が人を人力で抱え上げることが当たり前とされていた数年前であればこのようなフレーズは移乗介助において関係なかったのですが、ノーリフティングケアに出会ってからは、人が人を人力で抱え上げることは「罪」なこととなります。

長年染みついた習慣を止めるには、モノの考え方を変えたり、時間がかかったりしますよね。
抱え上げる介護もこの業界の「習慣」ととらえるならば、それ相当の労力と時間を要します。

正しいことが正しく行えるよう、スタッフ全員で一歩ずつ積み上げていきたいと思います。

IMG_1140.JPG

IMG_1141.JPG

2018年09月24日

平成最後の敬老会

9月17日(月)は敬老の日。

毎年のことではありますが、この日は一年のうちで、ベスト3に入るビッグイベントです。

今年度は100歳を超える入居者様、ご利用者様がなんと8名もいらっしゃいます。

最高齢は106歳。それもお二人。。。

ただただ、頭がさがる思いです。

節目を迎えられる方には、今年で3年目になりますが、ご家族と一緒に「記念撮影」を行っています。

撮る方も、撮られる方も緊張するのですが、なんとか無事に終えることができました。

ご家族様からは、「思い起こせば、写真館で撮影したことなんて、無いかも・・・」
と言われることもあり、決して写真館では無いし、プロのカメラマンでは無いなのですが、写真の出来不出来ではなく、何より敬老の日にご家族と思い出に残る一枚が撮影できたことが、「よかったな」と思います。

中には、「一生に一度の思い出になるから・・・」とおっしゃるご家族様もおられ、シャッターを押す指先にも自然と力が入ります・・・あらためて、プロのカメラマンってすごいなと思います。

来年は元号を新たに、どのような敬老会になるのか。
今から心配、いやいや、楽しみです。

IMG_1136.JPG

IMG_1137.JPG
2018年09月18日