<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
社会福祉法人 ひさの里ホームページはこちら
最新エントリー
カテゴリー
月別アーカイブ

いきいき美容教室9月講座 開講

今日は2カ月に1度の資生堂さんによる「いきいき美容教室」を開催いたしました。

なかなか園生活の中で、お化粧をする機会が無い方も、この日ばかりはと
楽しみながらお化粧されていました。まさに「いきいき」です。


IMG_1122.JPG

20180910152401.pdf
2018年09月10日

ここ数カ月のご報告をまとめて・・・其の三「Notice」

ふじの木園では、今現在、記録の電子化に向けて「Notice」という介護記録システムを導入し、試験運用を行っています。
そのご説明をする前に、まずはこちらをご覧ください。


2018年の社会福祉HEROの一人に選ばれた吉岡さん(博士号も修得されている方です)。
実はこの「HERO」にふじの木園は大変お世話になっております。
このHEROとの出会いは今年の2月のこと。

ノーリフティングケアを県を挙げて推進している高知県の施設見学に参加したのですが、そこに吉岡さんも参加されていました。
親睦会で色々とお話をさせていただき、ふじの木園の取り組みや考え方に共感を頂きました。

ふじの木園では数年前から「24時間シートに基づく記録の一元化、一覧化」をテーマに記録のあり方にこだわってきました。「こだわる」ことが事業の目的と一致するからです。
簡単に説明すると、
1.ユニットケアの理念である「暮らしの継続」を保証するために24時間シートに基づくケアを実践
2.実践したケアが24時間シートとどれぐらい整合しているのかをケア記録で把握、分析
3.実践結果の記録を基に、24時間シートの見直し、個人だけでなくユニット全体がどのようなサイクルで動いているかを把握し、全体最適を目指す
という、いわゆるPDCサイクルを重視するというのがベースコンセプトにあります。
しかし、紙ベースの記録では、記録として残すことは可能なのですが、記録を情報として活かすにはかなりの時間を要すため、正直なところ、コンセプトにシステムが追いつかない=紙ベースの記録には限界がありました。
紙ベースでの記録に限界があるのであれば、次は記録の電子化という一択になるのですが、正直なところ、記録情報を活かすための介護記録ソフトとして市場に出ている製品はふじの木園のコンセプトを前提とした場合使い勝手がね・・・というのが現状でした。あとコストが高いわりに効果が…(もちろんコストは金銭的コストだけではありません)

そこで出会ったのが吉岡さんが開発された「Notice」という介護記録システムでした。
記録のコンセプト、記録の手法、全てが革新的で今までにないものだったのですが、ふじの木園がこのシステムを導入することになったのは、そこだけではなく、既存のNoticeのシステムに、24時間シートをプログラムし、ふじの木園オリジナルの記録システムの構築が実現できるかもしれないという、希望の灯を吉岡さんが照らしてくれたことが一番にありました。

今現在、本格稼働に向けて試験運用を進めているところですが、日々の記録情報が明日の暮らしに繋がるよう、開発者の吉岡さんとの連携が、Noticeを通じて介護業界全体が活性化するのに少しでも役立てればと思います。

ノーリフティングケアに取り組むことで、まさかこのような出会いに恵まれようとは想像すらできませんでしたが、本当に多くの業界の方々との出会いが生まれています。

次回は日本ノーリフト協会福岡支部立ち上げに関してお伝えします。。。(つづく)
2018年09月04日

日本ノーリフト協会福岡支部

8月26日(日)に神戸で開催された日本ノーリフト協会の理事会へ出席してきました。
つい先日のことになりますが、日本ノーリフト協会福岡支部が立ち上がり、ふじの木園
は副支部長に就任しております。
全国各支部(関西、大分、神奈川、高知、愛媛、福岡)の立ち上げに伴う顔合わせと、今後の方向性についての意見交換を行いながら、協会と支部の関係を確認することができたように思います。
また、午後からは総会があり、関西を中心にノーリフティングケアに取り組んでいる会員や
賛助企業の方々のお話を聞くことができ、有意義な時間を過ごせました。
実は、九州においてお隣の大分県はノーリフティングケアの取り組みをいち早く進めており
行政側のサポートも取り付けるなど、積極的な活動をされています。
大分支部の支部長さん、副支部長さんとも意見交換することもでき、お隣の県ということもあるので
これから色々とお勉強させていただければと思います。
北九州では、介護ロボットの方にスポットがあたっています。
決してロボットがダメなわけではないのですが、今後、行政側にもノーリフティングケア普及について
サポートしていただけるよう、出来る限りのことをやっていければと思います。

2018年08月27日